ナーサリーつづきより
理事長より

理事長 当法人は昭和43年に認可を受け、横浜市泉区に「ふたば保育園」を開園。
「ナーサリーつづき」は、ふたば保育園の姉妹園にあたります。
本園は地域の保育と教育を支援する基地としての機能を充実させながら、子どもたちと家庭を大切にし、 あたたかいまなざしと質の高い養育ノウハウをもって、子どもたちの無限の可能性を拓き、 健やかな成長・発達をサポートしていきたいと願っています。

社会福祉法人 和泉福祉会 ナーサリーつづき
理事長:今田 安紀

園長より

園長 「心も体も健やかに育つ子」
「相手を思いやり互いに尊重する子」
「身のまわりのことに興味、関心を持ち、考え工夫し、
 創造する子」
「自分の力で生活をつくるしなやかな子」
「自分の思いを伝えられる子」

一人ひとりの個性を尊重しながら、保育士との信頼関係を基に、個々の社会性の芽生えと、心身の健やかな育ちを援助し、 多様化する現代社会の中でたくましく生きていくための人間力の基礎を育むこと。
私たちは、いつも心をひとつにして、子どもたちの笑顔と伸びやかな育ちをサポートします。

社会福祉法人 和泉福祉会 ナーサリーつづき
園長:湊崎 瑞穂子

スタッフより

私たち保育士は指導者としてではなく、信頼できる保護者に代わる援助者となるような、 お子様との関わりを大切にしています。決して押しつけるのではなく、子どもたちが自ら成長しようとする力を信じ、 自発性や意欲を育む援助をしています。
保護者の皆様とも十分なコミュニケーションをとりながら信頼を深め、共にお子様の成長を見つめ、喜び、 連携を取りながら、質の高い豊かな保育を進めていきたいと考えています。
(主任保育士)

当園では、『食とは心と体を成長させるかけがえないなもの」という視点から、子どもの見える場所で、 子どもを知っている栄養士と調理師による、心のこもった食の提供を大切にしています。
四季折々の食材で、素材を生かした献立や味付けを心がけています。
ご家庭からは「お弁当の負担もなく、徹底した衛生と栄養管理のもと、我が子の食を安心して園に託せる」 という声もいただいています。離乳食やアレルギーにも対応しています。
(栄養士)

当園では、産後57日からの産休明け保育を実施しています。小さな赤ちゃんの健康と発達を見守りながら、 産後2ヶ月で仕事に復帰されるお母さんの心と体をケアし、お手伝いしたいと考えています。
嘱託医による毎月の乳児健康診断、年2回の全園児健康診断、歯科検診や歯みがき指導、園児の健康維持や保健衛生管理、 保護者の方へ健康についてのお話などもします。看護室と健康観察室を設け、子どもたちの健康と健やかな育ちを支えます。
(看護師)